バナー

中古車の購入と任意保険

中古車を購入するにあたっては、通常は自賠責保険の新規加入、または、もとの所有者からの名義変更をともなうものです。
自賠責保険は、自動車損害賠償保障法とよばれる法律にのっとり、公道を走行するすべての車両に対して加入が義務付けられているものですので、中古車購入に関連した諸費用を節約するために加入を拒否するといったことはできないものです。しかし、自賠責保険とは別の、任意の自動車保険については、あくまでも購入者の自由意志に任されていますので、加入することも、また、加入しないこともできます。

今すぐ見つかるOKWave情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

実際のところ、自動車を運転中の事故によって、不幸にして他人にケガをさせたり、最悪のケースで死亡させてしまったりした場合には、かなりの金額の損害賠償を求められますので、到底月々の給料の蓄えなどで支払えるものではありません。

最近の交通事故にともなう損害賠償の高額判決としては、死亡事故で5億円などといったケースもあるため、自賠責保険だけでの対応は困難で、やはり任意の自動車保険への加入は、転ばぬ先の杖として求められるものといえるでしょう。


もしもすでに加入している任意の自動車保険の契約を継続するのではなく、中古車の購入にあわせて、新規に任意の自動車保険に加入するという場合には、中古車販売店のスタッフなどに申し出れば、通常は自動車保険の代理店も兼ねているため、契約の手続きをスムーズに進めてもらうことができます。



その場合、補償の内容によって、保険料も大幅に違ってくることになりますので、あらかじめ見積りを徴求した上で、その内容をじっくりと確認してから契約をするのがよいでしょう。

中古車のいろいろな情報を集めました。